ご相談メールの紹介 吃音

〈ぽっかぽかからの返事〉

吃音は、2~4歳頃の三語文が話せるようになる頃に発症する事が多いです。

自然回復率としては、男児の場合、3年以内に約6割のお子さんが自然に治癒するというデータが出ています。症状が出始めたということで、心配でしょうが、

 

<おうちでできること>

・邪魔されない発話場面を1日に5分以上確保する。お子さんの話しを遮らずにしっかりと聞く。

・保護者の方が聞き上手になる(間をとる。交代でお話しをする。など)話す事が楽しいと感じられる経験をする。

・お子さんがお手伝いなどしてくれたら、沢山褒めて、自己肯定感を高めていく

 

という対応が望ましいとされています。言い直し等はさせないようにしてください。

吃音に目をむけず、どうぞ話の中身に耳を傾けて楽しくおしゃべりをして頂けたらと思います。

 

しばらく、上記の対応をしていただき落ち着いていくことが望ましいのですが、症状が続くようであれば、小児科などで相談をして下さい。

 

対象年齢によって対応は異なりますが、今回はこのように簡単にまとめさせて返事をさせて頂きました。

相談室のご案内

 

〒733-0011

広島市西区横川町1丁目4-36-202

TEL 082-962-2813 (変更なし)

 

開催日

月曜日・水曜日

 

時間(要予約)

①9:15~10:00

②10:15~11:00

③11:15~12:00

 

上記の曜日時間以外でご希望の方はお気軽にお問合せ下さい。

 

完全予約制

言語聴覚士による未就学児を対象とした自費の相談・指導となります。

 

 

ダウンロード
パンフレットのダウンロードはこちら
ぽっかぽかパンフレット2019.7改定.pdf
PDFファイル 1.4 MB

来客用駐車場は建物奥のNO.3になります。

3ナンバーの大型車でお越しの際は無理をなさらず近隣のコインパーキングをご利用ください。

駐車場内の盗難や事故等については当相談室は責任を負いかねますのでくれぐれもご注意のうえご利用ください。



企画運営:株式会社パーソングロー